J-SATは20年間ミャンマーにて事業を行う実績と経験からミャンマー進出における

人材支援、市場調査、会社登記等、会社運営をトータルサポートします。

内田クレペリン検査

J-SATは内田クレペリン検査の開発元「株式会社日本・精神技術研究所」から認定されたミャンマー正規販売店です。

客観的な判定ができる外国人向け適性検査、内田クレペリン検査とは

UCHIDA TEST

内田クレペリン検査とは、日本で90年以上にわたって使い続けられている心理テストで、世界で年間70万人、ミャンマーで年間1,500名の受験を実施しています。

介護学生

活用事例

PRACTICAL USE

外国人活用でこんな悩みを抱えてませんか?

外国人 採用

  • Mark Iconミャンマー人を(実習生)として採用したいけど、外国人だから誰が良い人材なのか分からない。
  • Mark Icon日本で働ける適応能力を持っているか、事前に知っておきたい。
  • Mark Icon面接した候補者はみんな優秀そうだけど、面接や履歴書では分からない客観的な材料が欲しい。
  • Mark Icon応募に来る人材は多いけど、全員面接するのには時間がかかるので、一定層の足切りの要素として何か活用したい。

外国人育成・人事

  • Mark Iconミャンマー現地で、人材の適正に合わせた部署へ移動させたい
  • Mark Iconワーカー人材の工場ラインの人員配置を適材適所で図りたい。
  • Mark Icon今働いているミャンマー人の性格を知って、その人に合わせた人材教育を実施したい。

内田クレペリン検査の最大の特徴

CHARACTERISTICS

日本人 ミャンマー人
教育水準 一律に高い バラつきがある
自己認知 一定の割合でできる 不安がある
適性検査の合致性 主観的及び客観的な適性検査 客観的な適性検査
介護学生
一般的な適性検査 内田クレペリン検査
検査方法 文字や選択肢による回答 足し算作業
回答の客観性 主観的 客観的
受験者の合致 自己認知ができる人のみ 自己認知できていない人も可能

 日本の教育水準は平均的に高いですが、ミャンマーの教育水準は個人で大きな差があります。ミャンマーの大学進学率は全体の約10%程度しかありません。
 文字や選択肢を扱う一般的な適性検査では、主観的に回答を選択するため、自己認知が充分にできる人であれば、適正な判断ができます。 
 しかし、自己認知が明確できていない方は自分をどう見せたいかに左右されてしまうため、客観的な適性検査ではないと適性な判断ができません。
 内田クレペリン検査は30分間ひたすら足し算という作業をさせ、その行動の推移を見て特性を判断します。そのため、自己認知の有無や主観的な要素に左右されない、「客観的に判定できる適性検査」です。

教育水準

内田クレペリン検査が選ばれる理由

REASON FOR CHOSEN

働きぶりが
分かる
言語の
バイアスなし

理由1:働きぶりが分かる

理由1

内田クレペリン検査では、受検した方の

①能力面の特徴(作業効率や作業テンポ)

②性格・行動面の特徴(仕事をするときのクセ)

を判定し、その結果から受験者の「働きぶり」が分かります。

人材の「働きぶり」から外国人材の適材適所を理解することで、各企業が求めている人材であるかという「採用」場面と今後、人材をどう組織で活用していくかとい 「育成・人事」の場面で活用できます。

理由2:言語のバイアスに左右されない

理由2
数字の足し算のみで判定するので、言語のバイアスにも左右されません。多民族国家であるミャンマーでは、ミャンマー語や英語を使用した受験だと、その人に言語能力により結果のブレが生じる可能性があります。

他サービスとの比較表

COMPARISON CHART

内田クレペリン検査(UK) 他社の外国人向け適性検査A
テスト形式 ペーパーテスト(音声動画) webテスト
連続の足し算(作業検査) 選択肢から回答
検査時間 60分 30分~60分
料金 $24 $20-$60
客観性 客観的 主観的
受験言語 数字のみ 英語 (一部ミャンマー語)
測定項目 仕事の働きぶり、行動・性格特性 異文化適応能力、行動、性格
主な検査利用方法 採用、配置、教育、健康状態 外国人の採用

ミャンマーでの利用企業様の声

FEEDBACK FROM COMPANIES

ユーザーアイコン

A社:在ミャンマー日系サービス業

【悩み】
幹部候補の採用において、候補の人材の中で誰を採用すべきか判断に迷う。
【結果】
仕事経験では差がなかったが、作業量に差があることが分かり、無事に優秀な人材を採用することができた。検査結果のフィードバックも早く、選考スケジュールに間に合った。
ユーザーアイコン

B社:実習生受け入れ日本企業

【悩み】
初めて外国人材を採用するので、 どんな人材が会社に合うか分からない。採用の判断基準がほしい。
【結果】
客観的な判断基準ができ、企業文化にマッチした性格を持つ人材を採用することができた。面接だけでは分からない判断基準ができるのは助かった。
ユーザーアイコン

C社:在ミャンマー日系製造業

【悩み】
工場の業務効率を上げるために、 ラインスタッフの適切な配属期間を 考えたい。
【結果】
工場スタッフ全員の適材適所を知ることができ、根拠立てて配置を変更できた。今まで苦労していた中国向けの納期に間に合うようになった。

検査受験の流れ

PROCEDURE

ご依頼&ご契約

ご依頼&ご契約

right arrow

検査(60分)

検査(60分)

right arrow

判定

判定

受検用紙返却後、営業日の1~3日以内に判定結果をフィードバック